気になる印鑑の価格

印鑑イメージ

社会人として印鑑はそろえておきたいところですが、気になるのが価格面。
高価なものというイメージが強いですよね?しかし、それは一昔前の話。
現在の印鑑は、低価格な製品も増え、手頃に購入できる品も増えてきました。

そんな低価格な印鑑ですが、一方で心配なので品質面です。
安かろう悪かろうでは困りますよね。
もちろん、低価格でも高品質な印鑑を扱っている店舗もありますが、中には傷や汚れのついてしまった「わけあり製品」を安く販売しているところもあるんです。
とは言え、「わけあり製品」であっても、特に品質に問題があるわけではないのが多いものです。
たいていは小さな傷や汚れが入っている程度なので、気にならなければ購入するのもオススメ。

大切なのは、印材の品質。
公的文書、通帳などに登録される「実印」や「銀行印」には、長い歳月に耐えうる品質の良い印鑑が適しています。
これは、経年によって印面が劣化し、印影との照合が狂ってしまうのを防ぐため。
対して、宅配便や郵便物の受け渡しに日常的に使われる「認印」は、低価格な製品でもOK。
インク浸透印の「シャチハタ」であってもかまいません。
印面がやわらかいゴムでできている「シャチハタ」は、公的文書や通帳には不向きですが、いちいち朱肉につける手間のいらない便利なアイテム。

「実印」や「銀行印」は、高価でも、「わけあり製品」で傷や汚れがあっても、とにかく耐久性に優れた品質の良い印材の印鑑を。
その分、「認印」は安くてもかまいません。
「実印」や「銀行印」とセットで買うことで「認印」が安く手に入ることもあるので、活用してみてください。

〔オススメ商品のご紹介〕

まるでキャンディーのような透明感のある印鑑はいかがですか?
印鑑の内側にビーズやラメが入っているので、キラキラと輝きとてもきれいです。
プレゼントとしても大人気のおしゃれはんこです!

おしゃれはんこをお求めなら《キレイはんこ》へ

はんこ(印鑑)とあんこ
http://www.epispeed.com/

コントラストがキレイな牙次印鑑
http://www.basquehollywood.com/

会社印鑑の呼び方は会社によって種類があることに注意
http://www.delavanlakewin.org/

ページの先頭へ